祝電・弔電は電報会社をお得に活用!電報会社を徹底比較!

三角の画像

top > 祝電・弔電について > お祝いの時に送る祝電は様々な種類がある

お祝いの時に送る祝電は様々な種類がある

 プライベートにもビジネスにも利用されている電報ですが、送りかたが分からなかったり、何をどう書けば良いか難しく考えている人もいるでしょう。冠婚葬祭など相手にとって大切なシーンに、お祝いや悲しみの気持ちをきちんと伝えることのできるのは素敵なことです。
 そもそも、電報はサービスを提供する企業に送り先とメッセージを申し込み、郵送で相手へメッセージを届けるシステムです。メールや電話が普及する以前より、緊急の連絡や、お祝い、お悔やみなどに利用されています。
現在も「祝電」「弔電」などに利用されています。近年では、電報にお花や風船、カタログギフトなどを添えたものや、ギフト形式の電報など種類も多くあります。


 現在ではインターネット環境が普及していますが、まだそれほどなかった時代にはとても画期的でした。はじまりは1869年、東京・横浜間ではじめての国内電報が開始された時です。その後、徐々に利用範囲が広がり、現在では日本全国さらには国外へも電報を届けることができます。
 料金はフラワー電報、バルーン電報など利用する電報ごと異なる「台紙代」がもっとも大きなウエイトを占めます。また、サービスによって、メッセージ文字数によって変わる利用料金が上乗せされます。そこに送料や手数料などの料金を含めたものがトータル料金となります。
送りかたはというと、電報サービスを扱う会社は多くあるため、使いたいサービス内容を調べ、利用する会社が決まったら、電話もしくはインターネット上の専用フォームより申し込みます。かつては電話からが一般的でしたが、それよりもインターネットの方が、実際の品物や例文などもイメージがつきやすく選びやすいでしょう。
 電話の場合には、営業日内に電話することが原則です。ぎりぎりだと間に合わない場合もあるので、贈る場合には余裕をもって準備することも大切です。その点、インターネットは24時間受け付けてもらえますし、外出先などでも、スマホからも簡単に申し込みが出来る点が長所と言えます。
 電話なら分からないことがあってもすぐオペレーターの方に相談できますが、ネット電報の場合はそうしたサポートがないため、自らよく読み、不明点は調べながら申し込む必要があります。 不安な場合には、カスタマーサービスが充実している企業の電報サービスを利用しましょう。


結婚祝い、出産祝い、誕生日のお祝い、入学・卒業祝いなど様々なお祝いのシーンに贈るのが祝電です。プライベートにぴったりなユニーク電報プライベートなお祝いには、相手にあわせた遊び心溢れる変わりダネな電報も人気があります。
 メッセージと一緒に花束やスタンド花を贈れるフラワー電報は、オフィスや入口に飾ればインパクトがあります。 開業・開店・事務所移転など、相手の節目に合わせ贈ると楽しいでしょう。