祝電・弔電は電報会社をお得に活用!電報会社を徹底比較!

三角の画像

top > 祝電・弔電について > 祝電ではレイアウトで他との違いをアピール

祝電ではレイアウトで他との違いをアピール

 文書を送る方法は、手紙、電報、電子メールなどがあります。最近は電子メールが増えてきました。手紙などでは一定のルールがあるので、それに従う必要があります。祝電を贈るときは、電報サービスを利用します。この時少し工夫をしてみましょう。
 一般的な文章だと、縦書きなら右から左に文章が配置されます。基本的には長さや行間等も一定です。この時に少し変わったレイアウトに挑戦してみます。ちらし書と呼ばれる方法があります。古くからある方法で、一定の行間をあけるスタイルです。普通は、書き始めの高さを揃えたりしますが、書き始めを1行ごとに少し落とすようにします。その行の書き終わりも少しずつ落とします。左下がりに文章が構成されるタイプです。ただ形式的に文章が並ぶより、見た目の変化を楽しめます。その他に、下を揃えるタイプも面白そうです。


 祝電は贈る相手によってそれなりに変える

 人との関係でいえば、友人関係の人もあれば、自分が下で相手が上、自分が上で相手が下の場合もあります。それぞれで同じように接していると、良いコミュニケーションとは言えません。それぞれに合った対応をするのが良いといえるでしょう。
 祝電を贈るとき、友人に贈ることもあれば、上司や先輩に贈る場合、部下や後輩などに送ることもあります。その他親族や会社関係となると、上司や先輩に贈るのと同じような対応が必要です。目上の人に対して贈るのであれば、とにかく形式を重視します。定型文通りでも構いません。友人など親しい人に贈るとき、あまり定型的な文章だと物足りないと感じられるかもしれません。少し工夫をするとよいでしょう。定型文を少し変形するだけでも良いでしょう。部下や後輩に対しても、定型文だと丁寧になりあ過ぎます。多少文章を変えた方がいいでしょう。


 祝電は会場で読まれなければよいわけではない

 結婚式に出席できない場合などの時には祝電を贈ります。メッセージによるお祝いで、メールや電話よりも喜んでもらえます。電報は少し古いイメージがありますが、今でも多く利用されているサービスです。受けた本人も読みますし、会場で読まれることもあります。
 会場で読まれるものは、新郎新婦や司会などが選びます。無作為に取って読むわけではありません。ですから、会社関係や取引先のメッセージが読まれることが多いです。そしていくつか楽しい内容のものが読まれます。それを狙ってメッセージを考えることもあるでしょう。あまり調子に乗りすぎると、新郎新婦にはあまり気分の良くないメッセージになることもあります。会場で読まれなければいいと安易に考えていると、後々困ることもあります。贈ったメッセージは残りますから、残ってもいいようなメッセージにしないといけません。

次の記事へ