祝電・弔電は電報会社をお得に活用!電報会社を徹底比較!

三角の画像

top > 祝電・弔電について > 祝電で気をつけるべきポイント

祝電で気をつけるべきポイント

 現在日本では電話やメールを始めとした通信機器の発展により、気軽に連絡を取ることができるようになりました。し そのことから電報を利用する機会というのはかなり減っていることは確かです。
 しかし現在でも冠婚葬祭など改まったシーンでは、電報を利用することは珍しくはありません。結婚式や誕生日をはじめとし、お祝い事があった際に送るのが祝電であり祝電を送ることでより改まった気持ちを伝えることができるというメリットがあります。
 お祝いの気持ちを伝える祝電は、ただ送れば良いというものではありません。送る際には、様々なマナーがあるということを頭に置いておくようにしましょう。祝電が原因となり関係性にヒビが入ってしまうことになれば、後悔してもしきれません。


 祝電となれば送るタイミングにも気をつけなくてはならず、間に合うように送るというのは当然のことです。それだけではなく、使ってはならないワードがあるという事も頭に置いておくようにしましょう。
 特に結婚式の祝電となれば注意しておかなくてはならない点も増えます。忌み言葉や重ね言葉を使うことはマナー違反となります。忌み言葉は別れを連想させてしまうことに繋がり、重ね言葉は再婚を連想させてしまうことになります。日頃は何気なく使っている言葉でも、祝電となればふさわしくない言葉もたくさんあるということを頭に置いておき、しっかりマナーを調べてから祝電を送るようにすることがポイントとなってきます。


 祝電で送ってはならないワードがあるということは、各祝電を扱っている業者でも掲載されていることが多いので、見ておけば失敗することはありません。掲載されていない場合でも、今の時代ならばインターネットを使えば簡単に検索することができるので、必ず調べておくようにしましょう。
 祝電の場合には例文も用意されていることが大半であり、例文となれば内容でマナー違反となってしまうことはありません。しかし例文のみとなれば、味気のない祝電となってしまい、どこかで聞いたことがある内容だと感じられてしまうことにも繋がります。
 例文を利用する際にも、一言自分のオリジナルのメッセージを添えるようにするだけでも受け取りての感じ方には大きな違いが生まれます。マナー違反にならないようにワードに気をつけるというのは当然のことですが、それだけに気を取られてしまい味気のない祝電になってしまうことのないように注意しておく事も忘れてはいけません。

次の記事へ