祝電・弔電は電報会社をお得に活用!電報会社を徹底比較!

三角の画像

top > 祝電・弔電について > 結婚式で印象に残る祝電を送るには

結婚式で印象に残る祝電を送るには

祝電は結婚式に出席できない人が、お祝いの気持ちを伝える為に送る電報のことです。
以前は白い台紙の中にメッセージが記入された物が一般的でした。
しかし、皆が同様の電報を送ると頂いた方の印象に残りません。
時代が進むにつれ、電報も様々な形に進化しました。
現在では、ウェディング衣装姿のキャラクターや動物のぬいぐるみと電報のセットや、風船の中にお花を入れて飾るラッピングバルーンなどが人気があります。
また、変わったところでは、電報と一緒にカタログギフトを贈り、好みの物を選べるギフト電報や、チョコやマシュマロのひとつずつにメッセージを入れるスイーツ電報などがあります。
普及の進んだスマートフォンでは、撮影した動画を使いメッセージムービーが作れる専用アプリまで登場しています。
数多くの電報の中から自分の想いを表現した物を選ぶことが大事です。



祝いの席に行けないときは祝電を

結婚披露宴など、うれしい祝いの席に招待されたとき、仕事などの都合によって出席することが出来ないといった時には祝う気持ちを込めて祝電を送ることをおすすめします。
祝電とは、祝いの席に用いられる電報であり、席に出席することが出来ない場合、祝いの言葉を添えるのがマナーとなっています。
特に仕事関連で繋がりのある相手には誠意をもって送るのが社会人としての基礎とも言えます。
最近では祝電の種類も様々であり、ただの電報とは異なり、デザインも豊富ですので、お友だちや会社関連の相手など、送る相手によってデザインなどを変えることが大切です。
もし、会社関連の祝いの席であれば、自分以外に出席しない者と一緒に送ることで、まとまりのある職場であるといったイメージがつきます。
事前に準備されている文章のままよりも、自分の言葉でメッセージを送ることも大切です。



祝電を送るメリットや役割に関して

近年、SNSなどが発展しているため、お祝いなどもメッセージだけで済ませてしまう人も多くなってきています。
しかし、お祝いのシーンでは祝電を送る人も根強く残っています。
そもそも、お祝い事というのは結婚式が多く、その場合は非常にフォーマルな場面だと捉える必要があります。
そのため、親しい仲だとしてもSNSのメッセージだけで済ませるというのは非常識です。
また、こうした形に残るものを贈ると相手としても記念に残るので喜ばれます。
こうした場面でしか利用しないものなので、特別感を演出できることもメリットであり役割でもあります。
他のメリットとしては直接口にできないような感謝の気持ちやお祝いのメッセージを打つことができるので、素直な気持ちを伝えることができるという部分は非常にメリットだと考えられています。
こうした特別感の演出が祝電を贈る一番の役割であり、メリットです。

次の記事へ