祝電・弔電は電報会社をお得に活用!電報会社を徹底比較!

三角の画像

top > 祝電・弔電について > 電報でお祝いのメッセージを届けましょう

電報でお祝いのメッセージを届けましょう

 祝電とはお祝いの言葉を電報で届けます。最も多く利用されるのが、結婚式、披露宴です。結婚式や披露宴には出席しないけれども、お祝いの気持ちを届けたい時に使用します。開店や開業のお祝い、入学式や卒業式、誕生日にも送ると喜ばれます。
 近年は祝電の商品も様々な種類があります。業者によって品ぞろえも料金も異なりますので、見比べておくと良いでしょう。台紙にメッセージを書いたシンプルなものから、花束やぬいぐるみなど、プレゼントと一緒に贈れるものもあります。記念日の内容やお祝いの場にふさわしいもの、相手との関係にあっているものを選びます。結婚式場など自宅以外に贈る場合は花束ではなく、フラワーアレンジメントの方が飾りやすいです。持ち帰りにも便利です。
 親しい間柄や子供に贈る場合はぬいぐるみも良いですが、目上の方には避けたほうが無難です。台紙を豪華にしたり、プレゼントを付けると金額が高くなりますが、台紙が貧弱ではお祝いにふさわしくありません。


 記念日にふさわしいメッセージを贈ります。結婚式の場合は、切れる、別れる、重ね重ね、またまた、などの忌み言葉を使わないようにします。開店、開業の場合は火事を連想させる言葉や倒産を連想させる言葉は避けます。文例集を参考にして、自分らしさが出るようにアレンジするのが良いでしょう。
 結婚式や入学式の場合は会場で披露されることもありますので、丁寧な文章にします。仲間にしかわからないような内容にしないことが重要です。お祝いの席で他の人が内容を聞いても、不快にならないような言葉を選びます。


 祝電の申し込みはネットで行うのが便利です。24時間好きな時に申し込めますし、言葉の聞き間違いや漢字の間違いを防ぐことができるからです。申し込む時は届け先の住所、相手の名前、日時をきちんと確認し、間違いないように注意します。漢字は間違いやすいので、特に注意が必要です。
 お祝いは日時があらかじめわかっているので、早めに申し込むと割引になることもあります。結婚式の場合などは間に合わないと受け取ることも出来ないので、余裕を持って申し込みをすると良いでしょう。
 差出人は個人の名前でも良いですし、グループや会社名、部署名でも贈ることができます。受け取った方が誰から贈られたものかが、きちんとわかるように、はっきりと書くことが必要です。読み仮名が記載できるようであれば、読み仮名をつけます。結婚式などの祝電の披露の時に読み間違いを防ぐことができるからです。

次の記事へ